溶接実績

ステンレス製のハケを製作

作業工程

①レーザーで材料をカット

②表面をヘアライン加工 

③パーツの切り取り(取り外し)

④ベンダーで曲げ加工

⑤各パーツを点付の連続で溶接

⑥仕上げのヘアラインをかけて完成

完成品を最初に持ってきたため、少しわかりにくかったら、ごめんなさい。これを機械加工するとしたら、なかなか大変なので、レーザーや溶接って便利ですね。ちなみに、ヘアライン加工とは、表面を研磨ベルトなどで、一定方向に細かな傷を意図的につけた状態をいいます。髪の毛のように見えるので、ヘア(髪)ライン(線)ですね☆

ヘアライン加工をする目的は、材料時や加工時の細かな傷を消したり、艶(ツヤ)消し、滑り止めの効果などがあります。駅のホームなどにある柵などにも、ヘアライン加工されたものが多いので、機会があれば見てください!

その他オススメしている溶接コンテンツ

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]
溶接手法の1つ「アーク溶接」とは?

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

続きを見る

スポット溶接を図で解説
スポット溶接とは

スポット溶接(Spot Welding)は、主に金属の薄板を接合するための抵抗溶接の一種です。この溶接方法は、金属板の表面に電極を押し当て、電流を流して金属を加熱し、その後急冷することで接合を行います ...

続きを見る

グループ会社のご紹介

不二新製作所

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる深穴加工・細穴加工です。ガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤・マシニングセンターを複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な深穴加工・細孔加工を始めとしたニーズにお応えしています。

グループ会社「不二新製作所」のHPはコチラ>>>

お問い合わせはこちら

溶接案件ご依頼の流れ

溶接案件ご依頼の流れを表すイメージ図

ご依頼の流れ

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる深穴加工・細穴加工です。ガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤・マシニングセンターを複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な深穴加工・細孔加工を始めとしたニーズにお応えしています。

溶接案件ご依頼の流れ>>>

溶接のプロ集団である、株式会社無双の問い合わせ先
溶接のプロ集団である、株式会社無双の問い合わせ先

-溶接実績

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.