ティグ溶接(TIG溶接)とは

ティグ溶接(TIG溶接)はTungsten Inert Gas(タングステン不活性ガス溶接)の略で、電気を用いた「アーク溶接」のひとつです。溶接のイメージで、火花が飛び散ると答える方が多いと思いますが、ティグ溶接(TIG溶接)火花は飛び散らすことなく、鉄鋼やステンレス鋼のほか、アルミニウム合金やマグネシウム合金など、ほぼすべての金属を溶接することが出来る溶接方法です。また、さまざまな溶接手法の中でも溶接仕上がりが美しく、細かい部分の溶接も可能です。

ティグ溶接(TIG溶接)の特徴

ティグ溶接(TIG溶接)は、不活性ガス溶接という意味を持っており、電極と母材間に高電圧を加えることで、高電流を流し起こるアーク放電によって生じる1万℃程度の熱を利用して溶接します。溶加材を用いますが、溶接箇所は不活性ガスで覆われており、アークも安定していることから、スパッタはほとんど発生せず、初心者にもおすすめの溶接手法です。

ティグ溶接(TIG溶接)のメリット

①溶接可能な金属の種類が多い

ティグ溶接(TIG溶接)は、金属の中で最も融点の高いタングステンを電極としているため、ステンレス鋼などの鉄系金属から、合金系の非鉄系金属まで工業で使われるほとんどの金属への溶接が可能で、様々な場面で応用することが出来ます。

②溶接強度を高める

ティグ溶接(TIG溶接)は、空気から溶融金属を護っているシールドガスを使用することによって、腐食(さび)しにくく、外力によって破壊されにくい性質に優れた溶接をすることが出来るため、強度を高めることが出来ます。

③溶接の品質が良い

不活性ガスを用いて溶接するティグ溶接(TIG溶接)は、スパッタやピットが出来にくく、外観が美しい仕上がりになります。溶接肉も少ないので、薄板・複雑な形状の溶接など、精密な溶接も質が良くできます。また、シールドガスで空気をシャットアウトしながら溶接するため、溶接部位の欠陥が起きにくくなり、溶接品質の高い溶接法です。

④火花が出ない

ティグ溶接(TIG溶接)は、火花を飛び散らすことと騒音が極めて少なく溶接することが可能です。そのため、原発や繊維工場など火花による火災事故などの環境下で溶接をすることが出来ます。

ティグ溶接(TIG溶接)のデメリット

①風の影響を受けやすい溶接

ティグ溶接(TIG溶接)は、溶接部をシールドガスで覆って溶接を行う必要があるため、シールドガスが風で飛んでしまう屋外での溶接には向いていないです。

②溶接速度が遅い

ティグ溶接(TIG溶接)は、溶込みが浅い点や、溶着量が小さい点、溶接速度が遅い点、が挙げられ、量産溶接に向かない溶接です。

ティグ溶接(TIG溶接)機について

ティグ溶接(TIG溶接)機はさまざまな種類がありますが、大きく分けると「200V専用ティグ溶接(TIG溶接)機」「100V / 200V兼用ティグ溶接(TIG溶接)機」「ガソリン・ディーゼルティグ溶接(TIG溶接)機」の3種類に分類することができます。

その他オススメしている溶接コンテンツ

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]
アーク溶接とは

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

続きを見る

シーム溶接を図解で解説
シーム溶接とは

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」 ...

続きを見る

スポット溶接を図で解説
スポット溶接とは

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

続きを見る

グループ会社のご紹介

不二新製作所

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる深穴加工・細穴加工です。ガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤・マシニングセンターを複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な深穴加工・細孔加工を始めとしたニーズにお応えしています。

グループ会社「不二新製作所」のHPはコチラ>>>

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.