スタッド溶接とは?

スタッド溶接は、ねじスタッド、ピンなどを専用ガンに取り付けて、母材に押し当てて瞬間溶接する技術で、建築現場から精密板金加工の工場での作業まで幅広く使用されています。専用ガンと専用溶接機で短時間で溶接が行われる溶接方法です。

スタッド溶接ってどんな溶接?

スタッド溶接ってどんな溶接?

金属の平板にねじを取り付ける溶接方法は様々あります。その中でスタッド溶接は高い強度を誇っており、大量生産に向いている溶接方法です。スタッド溶接が使われるシーンは幅広く、建築分野の軟鋼、自動車のボディ用高張力亜鉛メッキ鋼板、液化天然ガスの貯蔵タンクなどで欠かせない特殊材向けの溶接手法です。スタッド溶接はスタッドが溶接材になります。その為、化学成分はもちろん、太い断面に安定したアークを発生する溶接装置など、溶接品質を保つ重要な要素になります。

スタッド溶接のメリット・デメリット

スタッド溶接のメリット

生産性の高い溶接

スタッド溶接は1本当たりの溶接時間が、1秒以内で完了します。溶接する時間が事情に短く生産性がとても高い溶接方法です。短納期をご希望の場合などには向いている溶接手法になります。

品質のバラツキが少ない溶接

スタッド溶接は、溶接機の条件をロボットに設定さえすれば、ロボットが一枚の金属板に、複数のスタッドボルトを連続的に溶接することができ作業者の熟練度をに左右されない溶接です。また接合部の強度が高い点も挙げられる溶接手法になります。

母材に与える影響が少ない溶接

スタッド溶接はほかのアーク溶接と比較すると、溶接痕が残りにくい溶接手法です。また筐体の曲げ成形後のスタッド溶接もすることが可能です。

シーム溶接のデメリット

スタッド溶接できない部分もある

金属によっては、スタッド溶接が出来る位置と、出来ない位置があります。スタッド溶接ができない部分を別の溶接方法で代用するか、スタッド溶接位置をずらす必要があります。

接合部が取れてしまう時もある

スタッド溶接の欠陥や不具合としてもっとも多いのが、溶接後ねじを締め付ける際に接合部が取れてしまう事例です。このような不具合がなくならないため、スタッド溶接の信頼性が低下し、別の工法に取って代わられることになります。

その他オススメしている溶接コンテンツ

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]
アーク溶接とは

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

続きを見る

シーム溶接を図解で解説
シーム溶接とは

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」 ...

続きを見る

スポット溶接を図で解説
スポット溶接とは

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

続きを見る

グループ会社のご紹介

不二新製作所

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる深穴加工・細穴加工です。ガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤・マシニングセンターを複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な深穴加工・細孔加工を始めとしたニーズにお応えしています。

グループ会社「不二新製作所」のHPはコチラ>>>

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.