フラッシュ溶接とは

フラッシュ溶接(Flash溶接)は電気抵抗溶接の一種で、フラッシュバット溶接ともいわれ接触と火花飛散を繰り返させ接合部の温度上昇をさせていきます。接合温度に達したタイミングで圧力を加えて圧接する方法です。他の溶接と比べ溶接時間が短く、金属線材や棒材の溶接に適しています。

フラッシュ溶接(Flash溶接)の特徴

フラッシュ溶接の特徴は、接合した際の強度の高さが挙げられます。また溶接強度が強いだけではなく、加熱する範囲が狭いため、熱影響が少なく出来ることや、消耗が少なくなること、コストが他溶接と比べ比較的低いということが挙げられます。ほかに挙げられる特徴としては、溶接速度が速いという点で、効率よく溶接することが可能なので、量産向きであるとも言えます。

フラッシュ溶接(Flash溶接)のメリット

①溶接時の接合強度が高い。

フラッシュバット溶接は、接合するレール両端に電流と通じ常に接触と火花飛散を繰り返すことにより接合部の温度を上昇させ、接合温度に達します。機械で接合する溶接方法であるため品質が均一なことが特徴的で、強度的にも高く信頼性のある接合です。

②加熱範囲が狭い。

溶接開始時は大きな圧力は加えず、電気抵抗による発熱やアーク放電で加熱し、圧力を加え溶接します。最初の段階の加熱の部分は、制御は難しいのですが広範囲の加熱ではないため、時短で溶接することが可能です。

③消耗品が少ない。

上記でも挙げていた通り、加熱範囲が狭い分、溶接時に必要な消耗品が少なくて済むという大きなメリットがあります。

④溶接速度が速い

ティグ溶接(TIG溶接)は、火花を飛び散らすことと騒音が極めて少なく溶接することが可能です。そのため、原発や繊維工場など火花による火災事故などの環境下で溶接をすることが出来ます。

ティグ溶接(TIG溶接)のデメリット

①溶接設備が非常に高価なことです

ティグ溶接(TIG溶接)は、溶接部をシールドガスで覆って溶接を行う必要があるため、シールドガスが風で飛んでしまう屋外での溶接には向いていないです。

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.