スポット溶接とは

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このように生産性が高い点や、ほかの溶接と比べると簡単に溶接することが出来る点もあり、自動車を製造する際の車体にも、このスポット溶接が使われています。大きく分けると溶接には、「融接」、「圧接」、「ろう接」の3種類あり、スポット溶接は圧力をかけて接合させる「圧接」に含まれます。3種類の溶接方法の違いについては下記のページをご覧ください。

アーク溶接とは

スポット溶接の特徴

スポット溶接の名前の由来は、「スポット」つまり「小さい点」からきています。この名前の通り、溶接する箇所は点のように小さいことが特徴的です。溶接箇所が小さいために、見栄えとしてはほかのどの溶接に比べても、きれいな仕上がりになるという事も特徴として挙げられます。

また「熟練技術が不要」「アーク溶接のような温度まで上がらない」「溶接速度が速い」という点から、車製造の車体部分やそれ以外でも、近年自分で溶接してみようというDIY溶接も増えてきております。

スポット溶接のメリット

溶接スピード

薄い母材であれば2,3枚でも、数秒で溶接することが出来、溶接の生産性が上がります。溶接スピードが早いということは、人件費を抑えることが出来ます。コスト削減が出来るため最大のメリットになります。

溶接初心者でも簡単

熟練技術がないと、うまく溶接することが出来ない溶接や、資格がないと出来ない溶接もあります。その点スポット溶接は資格が必要なく、溶接初心者でも火花が少ないため、簡単に溶接が出来ます。

溶接後の見た目

スポット溶接は、点で溶接していきます。その為、溶接後の見た目は比較的きれいな仕上がりです。車体などの溶接後の見た目を重要視する場合は、スポット溶接が選ばれることが多いです。

スポット溶接のデメリット

溶接強度が弱い

スポット溶接は、点で溶接していきます。つまりスポット溶接のメリットでも上げましたが、溶接後の見た目は綺麗に仕上がりますが、どうしても溶接強度が下がってしまうデメリットが挙げられます。

厚い金属には使えない

スポット溶接は、大きな電流を、金属に瞬間的に流し溶接していきます。逆を言えば、瞬間的に大きな電流が、裏面まで届かないような分厚い金属の溶接の場合は、溶接が難しいというデメリットがあります。

溶接機材が高価

溶接をする際に、気密性や防水性が低いのでタンクや缶などの気密性が必要なものを作る時には使うことができないデメリットもあります。

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]1

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]

2021/5/18  

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]

溶接加工の加工実績一覧000362

会社概要

2021/5/18  

社外の協力工場と互い利用を行っています。難しい溶接のご依頼にも、「その溶接は出来ません」と答えるのではなく、豊富な協力会社との連携でお客様のニーズに最大限お応えできるように努めています。無双の実績と信頼あってこそのネットワークです。

no image3

お問い合わせ

2021/5/18  

株式会社 無双へのお問い合わせは、直接お電話か、以下の専用フォームより気軽にお寄せください。お問い合わせ後、担当者より2営業日以内にご連絡させていただきます。フォームから送信された情報は、自動返信でお客様のメールアドレスにも送信されます。

no image4

プライバシーポリシー

2021/5/18  

株式会社 無双(以下「弊社」といいます。)が運営する当ウェブサイト(以下「当サイト」といいます。)は、個人情報保護の重要性を認識し、お客様の個人情報の適切な取扱いに最大限の注意を払っております。

no image5

ご依頼の流れ

2021/5/18  

STEP1:お問合せ・ご相談 まずはお電話(06-6794-5880 本社代表)か、お問い合わせフォームからお問い合わせ・ご相談ください。他社で「無理、できない」と断られて案件でも、お気軽にご相談ください。

溶接について溶接のプロ集団である無双の解説6

溶接とは

2021/5/23  

溶接とは、材料に熱や圧力を加えて異なる材料を接合し一体化させる加工方法です。必要の応じて、溶かして接合に使用する材料「溶加材」を使って接合する加工も含まれます。溶接加工法は60種類以上と多種ありますが ...

溶接加工の加工実績一覧7

溶接加工の加工実績一覧

2021/5/18  

溶接加工の加工実績一覧

no image8

アーク溶接とは

2021/5/23  

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

no image9

ミグ溶接(MIG溶接)とは

2021/5/18  

ミグ溶接(MIG溶接)とはMetal Inert Gas Welding溶接の略です。ミグ溶接(MIG溶接)と似た溶接でマグ溶接(MAG溶接)もありますが、これらはガスシールドアーク溶接の分類で、大きなくくりとしては同じ溶接工法です。

no image10

ティグ溶接

2021/5/19  

ティグ溶接(TIG溶接)とはTungsten Inert Gas溶接の略で、「不活性ガス溶接」という意味合いを持っています。溶接のイメージである火花を散らさないという特徴を持っており、ステンレスをはじ ...

no image11

ティグ溶接(TIG溶接)とは

2021/5/18  

ティグ溶接はTungsten Inert Gasの略で、電気を用いた「アーク溶接」のひとつです。ティグ溶接火花は飛び散らすことなく、鉄鋼やステンレス鋼の他、アルミニウム合金やマグネシウム合金等、ほぼ全ての金属溶接が出来る溶接方法です。

溶接加工の加工実績一覧0000312

半自動溶接とは

2021/5/22  

溶接とは、材料に熱や圧力を加えて異なる材料を接合し一体化させる加工方法です。必要の応じて、溶かして接合に使用する溶接材料を使って接合する加工も含まれます。

no image13

スポット溶接とは

2021/5/23  

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.