溶接の一種【ろう接】とは?

ろう接とは、金属母材同士を繋げる溶接の一種です。金属母材同士を、融点の低い合金「ろう(蝋)」を使って接合する溶接手段の一種です。特徴として挙げられることは、ほかの溶接手法である「溶融」や「圧接」と比べると、溶接強度が落ちることが挙げられます。しかしその反面「ろう接」は、ほかの溶接手法である「溶融」や「圧接」にはない、母材が異なる素材でも接合することが可能という特徴を持っています。

「ろう接」に用いられるろ(蝋)について

「ろう接」に用いられるろ(蝋)は、「硬ろう」と「軟ろう」の2種類があります。この2つの違いは、温度の違いになります。

「ろう接」のろう温度(融点)用いられる道具
硬ろう融点が450℃以上ろう付け
軟ろう融点が450℃未満はんだ付け

ろう接の種類と原理

溶接の一種「ろう接」の種類と原理

ろう接する金属母材が溶けない比較的低い温度で、溶加材であるろうを溶かしていき、接着剤のようなイメージで金属母材同士を接合するという方法になります。ろう接による接合は、手作業や自動接合もあり、自動車やバイクの部品から電子回路や電気コネクタといった微細接合など幅広い商品などに使われています。

よくこのろう接については、接合部分を「ぬれる」と表現されることがあります。溶加材であるろうが接合部に染みわたっていく模様を表現しており、溶接イメージとしては紙が水に濡れて、ほかの紙とくっつく状態のイメージで、原理でもあります。このいわゆる濡れ具合を、「ぬれ性」といい、ろうや、金属母材、溶加材によってそれぞれ「ぬれ性」の愛称は異なってきます。

ろう接と他溶接との違い

溶接には、ろう付け以外に融接や圧接といった3種類の溶接法があります。それぞれの溶接手法の特徴と比べた、ろう接のメリット・デメリットについて解説します。またろう接といってもその溶接法は、使用するろう材や母材、溶加材のたくさんある組み合わせによって、大きな差異があります。あくまでも傾向といった程度でご認識ください。

ろう接での溶接メリット

①金属母材自体が、ほとんど溶けないので精度が高い溶接が出来る。

②真空ひずみが少ないので、薄板に対しても精密な溶接ができる

③ろうが母材の隙間に入り込むので、溶接箇所が複数ある複雑形状の溶接や量生に適している。

④溶接棒が直接届かない箇所への溶接接合も容易にできる

⑤条件間違えなければ、特殊材料・異種材料の溶接接合が融接などに比べて容易

ろう接での溶接デメリット

①溶接接合の強度が、他の溶接に比べるとやや弱いことが多い

②ろうと母材の組み合わせによっては著しい侵食が起こる

	
溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]1

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]

2021/5/18  

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]

溶接加工の加工実績一覧000362

会社概要

2021/5/18  

社外の協力工場と互い利用を行っています。難しい溶接のご依頼にも、「その溶接は出来ません」と答えるのではなく、豊富な協力会社との連携でお客様のニーズに最大限お応えできるように努めています。無双の実績と信頼あってこそのネットワークです。

溶接のプロ集団である、株式会社無双のロゴマーク23

お問い合わせ

2021/8/16  

株式会社 無双へのお問い合わせは、直接お電話か、以下の専用フォームより気軽にお寄せください。お問い合わせ後、担当者より2営業日以内にご連絡させていただきます。フォームから送信された情報は、自動返信でお客様のメールアドレスにも送信されます。

4

プライバシーポリシー

2021/8/16  

株式会社 無双(以下「弊社」といいます。)が運営する当ウェブサイト(以下「当サイト」といいます。)は、個人情報保護の重要性を認識し、お客様の個人情報の適切な取扱いに最大限の注意を払っております。

5

ご依頼の流れ

2021/8/16  

STEP1:お問合せ・ご相談 まずはお電話(06-6794-5880 本社代表)か、お問い合わせフォームからお問い合わせ・ご相談ください。他社で「無理、できない」と断られて案件でも、お気軽にご相談ください。

溶接について溶接のプロ集団である無双の解説6

溶接とは

2021/8/20  

溶接とは、材料に熱や圧力を加えて異なる材料を接合し一体化させる加工方法です。必要の応じて、溶かして接合に使用する材料「溶加材」を使って接合する加工も含まれます。溶接加工法は60種類以上と多種ありますが ...

溶接加工の加工実績一覧7

溶接加工の加工実績一覧

2021/5/18  

溶接加工の加工実績一覧

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]8

アーク溶接とは

2021/8/20  

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

溶接について溶接のプロ集団である無双の解説9

ミグ溶接(MIG溶接)とは

2021/8/20  

ミグ溶接(MIG溶接)とはMetal Inert Gas Welding溶接の略です。ミグ溶接(MIG溶接)と似た溶接でマグ溶接(MAG溶接)もありますが、これらはガスシールドアーク溶接の分類で、大きなくくりとしては同じ溶接工法です。

溶接のプロ集団である無双の溶接風景3連10

ティグ溶接(TIG溶接)とは

2021/8/20  

ティグ溶接はTungsten Inert Gasの略で、電気を用いた「アーク溶接」のひとつです。ティグ溶接火花は飛び散らすことなく、鉄鋼やステンレス鋼の他、アルミニウム合金やマグネシウム合金等、ほぼ全ての金属溶接が出来る溶接方法です。

溶接加工の加工実績一覧0000311

半自動溶接とは

2021/8/20  

溶接とは、材料に熱や圧力を加えて異なる材料を接合し一体化させる加工方法です。必要の応じて、溶かして接合に使用する溶接材料を使って接合する加工も含まれます。

スポット溶接を図で解説12

スポット溶接とは

2021/8/20  

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

溶接の一種「ろう接」の種類と原理13

溶接の一種【ろう接】とは?

2021/6/23  

ろう接とは、金属母材同士を繋げる溶接の一種です。金属母材同士を、融点の低い合金「ろう(蝋)」を使って接合する溶接手段の一種です。特徴として挙げられることは、ほかの溶接手法である「溶融」や「圧接」と比べ ...

シーム溶接を図解で解説14

シーム溶接とは

2021/8/20  

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」 ...

15

スタッド溶接とは?

2021/8/20  

スタッド溶接は、ねじスタッド、ピンなどを専用ガンに取り付けて、母材に押し当てて瞬間溶接する技術で、建築現場から精密板金加工の工場での作業まで幅広く使用されています。専用ガンと専用溶接機で短時間で溶接が行われる溶接方法です。

no image16

フラッシュ溶接とは

2021/10/5  

フラッシュ溶接(Flash溶接)は電気抵抗溶接の一種で、フラッシュバット溶接ともいわれ接触と火花飛散を繰り返させ接合部の温度上昇をさせていきます。接合温度に達したタイミングで圧力を加えて圧接する方法で ...

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.