摩擦圧接とは

木の棒をくっつけた状態で、高速回転させることで発生する摩擦熱を使い、発火させる原理から生まれた溶接方法です。溶接母材を接触させ、高速回転することで発生する摩擦熱を利用し金属同士を接合する溶接方法で、1954年に旧ソ連で誕生したといわれています。ほかの溶接の方法であるアーク溶接やガス溶接と比較したときに、環境にやさしい溶接方法とされています。その理由として挙げられるのは、摩擦熱以外の熱源が不要な溶接方法である点や、溶接棒やフラックスを必要としない溶接方法である点、スパッタやガスがでない溶接方法である点などが挙げられます。

摩擦圧接の特徴

摩擦圧接の特徴

接合面を加圧し母材の融点以下の温度で加熱することで、溶かさないままで溶接母材を接合する固相接合であるため、溶融が困難な金属や異種金属の接合ができ、さらにその強度が頑丈であることと再現性があるため安定品質という特徴が挙げられます。また、接合面の摩擦熱を利用することから、接合箇所以外での熱影響がほぼ少ないという点も大きな特徴です。ほかにも、摩擦圧接は「摩擦推力」と「回転数」と「時間」の三要素の掛け算で行います。この「摩擦推力」と「回転数」と「時間」の三要素は、数値管理を行うことが可能であるため、無人化で自動制御が可能です。ファクトリオートメーションでもはば広く活用されている溶接方法です。

摩擦圧接のメリット

材料費のコストダウン

同材質、異径材摩擦圧接することにより、丸棒の削り出しより材料費、加工費の削減をする事ができます。異種金属を摩擦圧接することにより、必要な部分だけ高価な材料を使用し、その他は安価な材料に置き換えることが可能です。

加工費のコストダウン

一体加工が非常に困難な形状の製品の場合、二つに分割し一部を加工後摩擦圧接することにより加工を簡単にすることができます。

その他オススメしている溶接コンテンツ

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]
アーク溶接とは

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

続きを見る

シーム溶接を図解で解説
シーム溶接とは

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」 ...

続きを見る

スポット溶接を図で解説
スポット溶接とは

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

続きを見る

グループ会社のご紹介

不二新製作所

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる深穴加工・細穴加工です。ガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤・マシニングセンターを複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な深穴加工・細孔加工を始めとしたニーズにお応えしています。

グループ会社「不二新製作所」のHPはコチラ>>>

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.