シーム溶接とは

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」に分かれます。シーム溶接は、この中で、「圧接」に区分されます。

シーム溶接ってどんな溶接?

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」に分かれます。シーム溶接は、この中で、「圧接」に区分されます。

シーム溶接ってどんな溶接?

シーム溶接を図解で解説

シーム溶接を図解で解説

2枚の円板を用いて、線状に溶接する方法です。特徴としては気密性が高く電子部品や、燃料タンクなど気密性が必要な製品によく使われる溶接手法です。真空シーム溶接装置という装置を使い真空中でローラー電極によって気密封止することができます。点状で繋げ連続した一直線の溶接線を作る溶接方法なので、スポット溶接に当たります。スポット溶接については、下記の「スポット溶接とは?」をご覧ください。

スポット溶接を図で解説
スポット溶接とは

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

続きを見る

シーム溶接のメリット・デメリット

シーム溶接のメリット

溶接熟練度があまり高くない

シーム溶接は手動による溶接工程がほとんどなく、一度装置に設定すると溶接作業者の技量に左右されることが、あまりありません。その為、溶接熟練度が高い人でも、低い人でも、出来上がりの品質がある程度一定になるという溶接メリットがあります。

シーム溶接のデメリット

設備投資の費用が高額となる

シーム溶接では、電気効率が悪く高電流を必要とするため、大きな容量の電気設備が必要となります。さらに、機種にもよりますが、シーム溶接機は一般的に非常に高価な機械となっています。そのため、初期投資に高額な費用が必要となります。しかし、最近では省エネタイプの変圧器を用いて、電気容量がこれまでの10分の1でも使用できるシーム溶接機が開発されるなど、上記のようなデメリットも解消されつつあります。

その他オススメしている溶接コンテンツ

溶接のプロ集団 | 株式会社 無双[大阪]
アーク溶接とは

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

続きを見る

シーム溶接を図解で解説
シーム溶接とは

金属溶接は、大きく分けると3種類あります。集中的に加熱をして、溶かしていき溶接(接合)する「融接」と、加熱した金属に圧をかけ続け溶接(接合)する「圧接」、異なる母材を溶融して溶接(接合)する「ロウ付」 ...

続きを見る

スポット溶接を図で解説
スポット溶接とは

2枚の母材を2つの水冷された電極棒で挟み込み、大きな電流を流すことで生まれる抵抗熱を用いて溶接する溶接手法です。薄い板同士の溶接に適しており、3枚以上の板金を2,3秒で溶接することも可能です。このよう ...

続きを見る

グループ会社のご紹介

不二新製作所

私たち株式会社 不二新製作所が得意とするのは、ガンドリルマシン・BTAマシンによる深穴加工・細穴加工です。ガンドリルマシン・BTAマシン・CNC複合旋盤・マシニングセンターを複数台設置、徹底した工程の効率化と高度化を図り、国内だけでなく、世界中から寄せられる様々な深穴加工・細孔加工を始めとしたニーズにお応えしています。

グループ会社「不二新製作所」のHPはコチラ>>>

Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.