アーク溶接とは

溶接の加工法は、大きく分けて「融接」「圧接」「ろう接」の3つに分けられます。
この「融接」の中にも、アーク溶接、電子ビーム溶接、レーザー溶接、プラズマアーク溶接などがありますが、その中でも主流になるのが「アーク溶接」です。

アーク溶接は、溶接する母材と電極棒にアーク放電を発生させ、生じる高温を利用した溶接法です。溶接時に火花が散り、一般的に認知されてる溶接のイメージに一番近い溶接方法といえるでしょう。

アーク放電(Ark Discharge)とは、2つの離れた電極に電圧をかけ続けることで、2つの電極間に電流が発生することで、強い弧(Arc)状の光が発生することから名づけられています。強い光と同時に、高い熱を発生し、この熱を利用する溶接方法を「アーク溶接」といいます。溶接で使用されるアーク放電は、高いものでは2万度に達するものもあり、多くの種類の母材に対応することから、多くの産業分野で広く用いられています。

アーク溶接の種類

アーク溶接には、「消耗電極式(溶極式)」と「非消耗電極式(非溶極式)」の2種類があります。


消耗電極式(溶極式)電極が溶融して溶加材(溶接棒)が溶けて消耗される溶接
非消耗電極式(非溶極式)電極は溶融せず溶加材(溶接棒)を母材へ溶かし込む溶接

それぞれにも、細分化された溶接の種類があります。

◎消耗電極式溶接

・被覆アーク溶接
・炭酸ガスアーク溶接
・マグ溶接(MAG溶接)
・ミグ溶接(MIG溶接)
・サブマージアーク溶接
・セルフシールドアーク溶接
・スタッド溶接

◎非消耗電極式溶接

・ティグ溶接(TIG溶接)
・プラズマアーク溶接


Copyright © 株式会社 無双 All Rights Reserved.